物件を管理しなくていい|マンション経営のリスクを少なくするために専門会社に相談しよう

マンション経営のリスクを少なくするために専門会社に相談しよう

男の人

物件を管理しなくていい

つみきとお金

事前に計算してから活用

集合住宅を一括借り上げし、サブリースに利用することで不動産収益を安定させる大家が増えてきましたが、申し込む前に必ず収益を計算してください。現在不動産物件として賃貸に出している場合、あがってきている収益と一括借り上げした場合の収益に対し、月額と年額を算出しましょう。差額を数値化することで、自分たちの不動産物件にとって本当にお得なのか、明確になり検討しやすくなります。一般的にサブリース用に借り上げられる物件の場合、仲介業者から支払われるのは平均して通常の家賃よりも低くなりがちです。そのため、事前に計算して算出された額に応じて契約をしたほうが、空室率よりも得となる可能性もあるため、忘れず計算してください。

空室率気にせず不動産管理

一括借り上げは、建物すべてを一括で借り上げる制度で、仲介会社をはじめとして、専門の業者が借りることが定番です。業者によって年数は異なりますが、不動産物件の空室率に関係なく、契約している間は収益が見込めるので、利用しやすいといわれています。また、入居者管理や建物の管理も任せられ、故障した場合の修理に関しても、大家の了解を得ずに実行しているのは事実です。ただし、共用部分の修繕費用は大家負担となるので、収益とは別の部分から費用を出す必要があります。物件ごとにそれぞれ一定期間の契約がなされており、一括借り上げしている期間を定期的に見直すことも可能です。借り上げを希望するかオーナー自ら選べるのも、ある程度の特徴といわれており、利用しやすい形態で活用が可能といえます。