保証会社による立て替え|マンション経営のリスクを少なくするために専門会社に相談しよう

マンション経営のリスクを少なくするために専門会社に相談しよう

男の人

保証会社による立て替え

集合住宅模型

滞納となった家賃

賃貸物件では、従来は入居時に連帯保証人が署名捺印をすることが必要とされていました。入居者が不測の事態により家賃を支払うことができなくなった場合に備えて、代わりに支払う連帯保証人を用意しておくことが必要だったのです。ところが、連帯保証人となる親類縁者のいない高齢者が増えてきたことから、昨今では家賃債務保証がよく利用されるようになっています。家賃債務保証とは、滞納した家賃を、保証会社が代わりに支払うというシステムです。連帯保証人のいない人でも、保証会社と家賃債務保証の契約を交わすことで、賃貸物件への入居が可能となります。つまり入居しやすいということですから、賃貸経営をおこなっている企業の多くが、入居者を多く募集する手段のひとつとして、家賃債務保証を利用しています。

様々なメリット

家賃債務保証の利用により、賃貸経営をおこなっている企業は、毎月安定した家賃収入を得ることができるようになります。家賃を滞納されたとしても、保証会社が立て替えをするわけですから、企業側が収入減となる心配はないのです。利用していなかった場合は、企業が自ら入居者に家賃の支払いを求める必要があります。入居者に支払いができない場合には、連帯保証人に連絡することになりますが、連帯保証人も支払いに応じないことがあります。これによりしばしばトラブルが発生するので、家賃債務保証はそれを防ぐためにも便利と言えます。自ら督促の連絡をする必要もなくなるので、管理業務が手軽になるという点でも、家賃債務保証は注目されています。